<   2008年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 29日

Shark1 #4

#4「シャークの知られざる過去」

スタークが昔雇っていた私立探偵ルソが中心のエピ。知られざる過去っていう題からこのルソが過去にいろいろスタークと行動してたんだろうなーと思って、そこらへんの話を期待したんですが、話は今回の事件がほとんどで、過去についてはわずかにちょいと匂わせるだけでした(にくいわ!)。過去に何かあったのは間違いないみたいで、そこらへんは後々なのかな??
今回の事件については無理やり解決しちゃった感じであまりつかめませんでした(笑)。



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-29 22:06
2008年 11月 28日

今週のCSI鑑賞記#2

CSI:科学捜査班4
#7「猶予24時間」#8「殺さずにいられない」#9「愛の毒薬」
#10「歪んだ果実」#11「地獄の12人」#12「蝶の亡霊」

仕事が落ち着いてきたので結構観れました♪。
この中だと#7が一番印象深い。CSI総動員だし、グリッソムがリーダーシップ発揮するし、キャサリン目立つし、反発するものも出てくるし面白い!。ニックはともかくサラの反発が目立ってきてますね!。私はすごい!できる!オーラが全面に出ていて、#12でも外の調査を命じられたのに中を見させろと反発。あまり好かれるキャラじゃなくなってきてる気がする(笑)。それでも、#7では結局協力して事件解決です!。


CSI:マイアミ1
#7「ブレスレス 危険な戯れ」#8「一家惨殺の怪」#9「狙撃者 静かなる殺し」
#10「カリスマ教授の異常な生活」#11「吸血の森」#12「目覚めた男」

エピで印象に残るのは#9。これは見ごたえありました!。スナイパーの心理を逆手にとっての逮捕はお見事!。でも今週で一番印象に残ったのは24のパーマー弟が出ていたこと。どっちが先の出演なんだろう(笑)。結構いろんなドラマに出演する人多いですよね^^。
・・・最近ホレイショのお怒りが見られません。


CSI:NY2
#8「悪い賭け」

久しぶりのCSI:NY楽しみました!。やっぱりCSI:NYの雰囲気は好きですね~♪。
ポーカー事件の結末は馬鹿のひとこと。心の傷があるとはいえ、酔って殺しに行く階を間違えるとは(笑)。逆にCSIパワーを発揮したのが公園での溺死事件。こちらは科学力全開で楽しめました!


それではまた来週の金曜日に~♪



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-28 18:40
2008年 11月 28日

オーメン666

『オーメン666』

あの有名なホラー映画のリメイク作品。民放でやっていたのをなんとなく観始めたら結局最後まで観てしまった(笑)。ホラー映画を観るのは久しぶりだったからなのか新鮮でした。相変わらず音には驚くし、映像に怖さがある描き方。でも展開が普通?。リメイクなので仕方ないけど、やっぱり・・・。ダミアンよりも乳母が強烈さでそれが一番インパクトありました。終盤ではいい狂い方だし(笑)。



---------------
アメリカ/108分/11月27日木曜洋画劇場で鑑賞/83本目
にほんブログ村 映画ブログへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-28 18:18 | 映画(あ行)
2008年 11月 28日

クリミナルマインド連続放送

WOWOWにてクリミナルマインド・シーズン1の連続放送が始まりました。
1月からシーズン3がスタートするのでその前のおさらい放送ですね。CSI:NY4も1月から始まるので、12月からシーズン3の連続放送もあります(こっちは2が観終るまで録画)。

シーズン2は暇な時にちょろちょろ観て、面白いなと思っていたのでこれを機にシーズン1から観ることにしました。

クリミナル・マインド1 
#1「シアトルの絞殺魔」 
#2「キャンパス連続放火犯」

2話目まで鑑賞。内容よりもオープニングの人物紹介が笑えたw。アーロンの声で紹介してるんだけど、クールビューティとタフガイって!。なんの特徴もないじゃないの(笑)。行動分析課関係ないし。エルとデレクが可哀そうじゃん!。
・・・そんな感じで観始めましたが、物語はやっぱり面白い!。どうやったら少ない情報で、そこまで人物特定できるのか不思議なんだけどもすごい!。
シーズン2を2,3話しか観てないから相関図も全然わからなかったので助かります。ギデオンは復帰だったんだね。過去に自分のミスで仲間を死なせてしまった影響もあって、人を助けることに周りの人間よりも思いが強い。少し暴走することもあるけども、分析に入ると一気に冷静で頼れる存在。エルって行動分析課の中では新人だったんですね。スペンサーの方が先輩だったのには驚いた(笑)。

CSIとはまた違う頭脳捜査ドラマ。今後が楽しみです♪



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-28 18:07
2008年 11月 25日

グレイズ・アナトミー4 #5

#5「つきまとう影」

今回はハロウィンのエピ。遺灰の話はちょっと無理あるんじゃないのって思ったけども・・・って、自分の足をチェーンソーで切断するやつのほうが無理あるか(笑)。あれ普通に考えちゃうと病院であんなことあったら問題ですよね。
でも、耳の手術にきたライアンの話と、ノーマンの話が良かったから今回のエピは好きなエピとなりました(笑)。
ライアンの為に動くメレディス。こういうときのメレディスって良いんですよね~。

アレックスの元にきたエヴァだけど、またいなくなってしまいました。これは今回だけの話なのかな?これからいろいろあるのかな??



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-25 21:28
2008年 11月 25日

ぜんぶ、フィデルのせい

『ぜんぶ、フィデルのせい』

9歳の少女の不満を描いた物語。
幸せだったのに、両親が共産主義に目覚めてから生活がガラリと変わってしまって、一気に反抗期に入ってしまう少女を演じてるニナ・ケルヴェルがすごい!。ただ無駄に暴れるのではなくて、静かに反抗したり、爆発したり、家に集まる活動家達に質問して会話するという大人みたいな子供を違和感なく観れるのですごいの!とにかく(笑)。
ただ70年代のフランス、共産主義を描いてる映画だったら面白くないんだろうけど(と、思ってしまう)、9歳の少女の視点で見ているように感じるからいい映画なのかもしれないです。


---------------
フランス/99分/11月21日DVD鑑賞/82本目
にほんブログ村 映画ブログへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-25 18:12 | 映画(さ行)
2008年 11月 25日

ブラザーズ&シスターズ2 #3

#3「よみがえる過去」

あ~~~、ついにジュリアが実家に帰っちゃいましたよ~。
この夫婦の安泰だけがこのドラマの安らぎだったのに・・・さみしい。子育てとウイリアムの死の悲しみを乗り越えることができなくて、トミーにつらくあたり、ついにジュリアの両親が連れて帰ることに。あなたは間違ってると言ったあのあと、てっきり引き留めるのかと思いきや、そのまま実家へ帰ってしまいました。そしたらそのあとあれです。レベッカのお友達(名前忘れた)登場!なにかあんのかなー今後(笑)。

足の痛みに耐え続けてるけど耐えられないジャスティン。ノラもなんとかして薬を飲んでもらうよう説得するが飲んでくれない。レベッカに頼んでも効果なかった(あの時使ってたカメラはどこのカメラだろう・・・)。でも、今回のエピの最後で飲んでくれるようになったがきっかけはどこらへん?



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-25 17:05
2008年 11月 25日

プレミアリーグ#14 「VSフルハム」

#14 「リバプールVSフルハム」 0-0 

まさかのスコアレスドロー!!

いくらジェラードを欠いていたとはいえなんで引き分けてんの!?ホームだよ、ホーム~~~。せっかく、チェルシーとマンUが引き分けて、アーセナルが負けたのに・・・もったいない。

でも、勝ち点差変化なし、順位変化なしなのでよしとしますか(笑)



にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-25 08:50
2008年 11月 25日

スターゲイト:アトランティス3 #6

#6「眠りの行き先」

今回もエリザベスがメインのエピ。とある日目覚めると、そこは地球の精神病院で、今まで体験したアトランティスやスターゲイトは夢の中の出来事だったということで、ちょっと地味なお話(笑)。とにかく今回はトーク、トーク、トーク!。今回は戦闘が一切なく、エリザベスがいかにして現実の世界に戻ってくるかにかかってて、エリザベス以外のレギュラー陣がほとんど目立たなかった・・・。
前回のレビューで、あの機械人間がいつからんでくるのかと書きましたが、今回早くも絡んできました(笑)。まさにこんなに早くからむとはね~。精神病院での出来事は全部、機械人間が感染させたナノマシンのせいだった。あの首絞めの裏にこれが隠れているとは思いませんでした。やられました(笑)。



にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-25 08:44
2008年 11月 24日

アメリカ法廷映画ガイド

尾崎哲夫「アメリカ法廷映画ガイド」

という本を買ってみました。「アメリカの法廷映画・社会派映画を紹介しつつ、法律と英語も勉強してしまおうという、楽しくぜいたくな企画の本です。」という本^^。映画1本ずつ、あらすじ→この人の解説→セリフの紹介→法律用語っていう順で載せていますが、僕が買った目的はもちろん?勉強目的ではなくて、法廷映画の本だからってことで買いました(笑)。
アメリカの法廷映画は好きで、アメリカ映画なのに派手な演出はなくて、作られてるなっていう印象が残るから結構観てしまいます。この本を買ったのもまだ観てない映画がたくさんあんだろうなーと思って買って観たのですが、本当に結構あった(笑)。

解説もちょっと豆知識的な感じで、素直に「そうなんだー」って言葉が浮かんでくるかもね♪


---------------
本の記事ですが、カテゴリは映画にしました。

[PR]

by gogun1106 | 2008-11-24 22:55 | 映画(その他)