部屋づくりは

gogungogun.exblog.jp
ブログトップ

2009年 11月 13日 ( 6 )


2009年 11月 13日

名探偵はもういない

『名探偵はもういない』 霧舎 巧

「予想外の序盤!オーナーに惚れたw」

---------------

霧舎巧の作品は今回が初めて。あらすじを読んでみるとミステリー感がすごい出てるから読みたくなってしまったのですw。だって、雪に閉ざされたペンションで起こる殺人ですよ!この王道感がすごい好きなので楽しみでした。序盤のラブストーリーな展開から始まり知的な主人公がどうするのかって気になりながら読んだら思わぬ方向に進んで、思わぬ人間たちが登場して、これまた思わぬ終わり方で、何なんだいったい!?って気持ちになりました。これは賛否両論になりそうです。好き嫌い別れるんだろうなと思ったので、ミステリー好きな友達にも読んでもらおうと思います。もし読んだ方がいたら感想を教えてください。
・・・オーナーのような女の人はいるのでしょうか?


今日は怒涛の更新です。これから一週間ほど忙しくなりそうなのでまとめて更新しました。
---------------
★★★★★/09年74冊目
[PR]

by gogun1106 | 2009-11-13 21:21 | 本(ミステリー)
2009年 11月 13日

ミステリー映画を楽しむために(上)・(下)

『ミステリー映画を楽しむために(上)・(下)』 北島明弘

「やはり60年代以降じゃないとひかれないw」

---------------

スクリーン新書シリーズです。上下の二冊。ミステリー好きとしては外せなかった本。まだまだ観たことないミステリーを探すために読んでみました。映画が生まれたあたりはちょっと興味惹かれなかったけど、50年から60年代以降から観たものや観たいとおもう作品が出てきて読んでて楽しいです。歴史の勉強って気にさせてもくれます(映画の歴史)♪。しかし僕が考えてたジャンルとは違うものもあってアクションに分類されるものもあって、なんだか読んでて面白い。ちょっとした発見がありました。

---------------
★★★/09年64冊目と73冊目
[PR]

by gogun1106 | 2009-11-13 21:11 | 本(ミステリー)
2009年 11月 13日

黒猫館の殺人

『黒猫館の殺人』 綾辻行人

「そうきたか!しかしちょっと無理っぽくない?」

---------------

久しぶりの綾辻行人の作品。館シリーズの第6作目。前回の時計館と比べると短め。割とあっさりしてました。相変わらずトリックというか展開が爆発的!。毎回そうきたか!って思わせてくれますね。ちょっと残念なのが前回と同じく島田潔自身が殺人事件に巻き込まれていないんですよね。潔自身が巻き込まれて解決する方が僕は好きなんです。暗黒館はどうなんだろ。長すぎてまだ手がでませんw。

---------------
★★★/09年72冊目
[PR]

by gogun1106 | 2009-11-13 21:03 | 本(ミステリー)
2009年 11月 13日

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』

「やっぱり音にはびっくりーーー!」

---------------

ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画。ジョージ・A・ロメロについては映画好き、ゾンビ好き、ホラー好きな人たちからしたらもう説明は不要でしょうか。超有名だもんね。今年2本目のゾンビ映画。なんとなくゾンビ物が観たくなってしまったので観ました。そんなときありませんか?。設定はそう、いつものどこぞで、ゾンビ変身した人からあっという間にいろんな人たちに感染し、ゾンビ化していき、生き残った者たちが逃げまくる物語。今回はちょっとイライラするキャラがいる。今回の映画はほとんど主観映像で撮られたもの(最近だと『クローバー・フィールド』)。その主観映像を撮り続けるジェイソンがムカつくキャラ。「ぼくは撮らなければならない。お前がやれ」とか、助けないで「逃げろ」だけいうキャラ。彼がゾンビにやられてくれてすっきりしたw。
・・・ジェイソンの彼女であるデブラがちょっと好きなタイプ^^。

---------------
★★★/11月11日WOWOW鑑賞/107本目
[PR]

by gogun1106 | 2009-11-13 16:57 | 映画(た行)
2009年 11月 13日

あいつはママのボーイフレンド

『あいつはママのボーイフレンド』

「メグ・ライアンのキュートさがなくなっていてちょっとさみしい」

---------------

メグ・ライアン、アントニオ・バンデラス主演のラブコメディ。もしかしたら主演はコリン・ハンクス?。今まで一番好きだったハリウッド女優のメグ・ライアン。初めて好きになったハリウッド女優だった。ラブコメ界を席巻していたあの頃。誰もその境地にはたどり着けなかったあの頃。そんなあの頃から数年経って、相当久しぶりに観たメグ・ライアンでした。最初ものすごい太った状態であらわれて、そのあと激やせした。なんだかちょっと鋭い顔つきになってました。『ニューヨークの恋人』以降いろんなジャンルに挑戦したけど、どれも不発だった。個人的に言ったらそのままその年のラブコメを作っていってほしかったけど、メグ・ライアンからしたらそうもいかないのだろう。ちょっとさみしい・・・。しかし、この映画にはセルマ・ブレアが出演していたのです!これまた好きな女優だったのでうれしかった。それでこの映画は観れたようなものw。
・・・アントニオ・バンデラスはコメディにあってる気がする今日この頃です。

---------------
★★/11月6日WOWOW鑑賞/106本目
[PR]

by gogun1106 | 2009-11-13 16:43 | 映画(あ行)
2009年 11月 13日

ウォー・ゲーム

『ウォー・ゲーム』

「翻弄されている大人たちは頼りない」

---------------

不真面目な高校生の少年は日夜いろんなところにハッキングしたりして、自分の成績を不正に変更したり、不正にゲームをダウンロードしたりして遊んでいた。そんなときにとある戦争ゲームをハッキングしたところから始まる第三次世界大戦の危機!・・・っていう物語。1983年の映画。当時僕は1歳だ。WOWOWで放送してたのを何気なく観始めましたが意外や意外に楽しめた。マシュー・ブロデリックが高校生とは面白いw。ちょっと昔の映画を観るとそういう発見もあるから楽しいですね^^。ジョシュアと呼ばれるシステムにハッキングしてしまったことから始まる大騒動なのだけど、何と言っても大人たち、軍や科学者たちの頼りなさが笑えてしまうくらい頼りない。今ではもうこういう設定はできなさそうな気がします。今だとちょっと頼りなさすぎですねw。
高校生が英雄だもん。

---------------
★★★/11月4日WOWOW鑑賞/104本目
[PR]

by gogun1106 | 2009-11-13 16:30 | 映画(あ行)