部屋づくりは

gogungogun.exblog.jp
ブログトップ

2009年 10月 22日 ( 3 )


2009年 10月 22日

きみに微笑む雨

『きみに微笑む雨』

「も~カオ・ユアンユアンがかわいすぎて困る困る!」

---------------

最近の流行なのか、きみになんたらかんたらってタイトルが多い。しかもたいがいつまんないタイトルだし。今回もそう。やっすいタイトルです。原題の『好雨時節』のほうが確実にいいだろ。11月に公開される韓国映画がWOWOWにて一夜限りの先行放送されるとあって観ました。なぜ観たかは紹介番組でみたカオ・ユアンユアンに一目ぼれしたからw(チョン・ウソンも好きな俳優)。ショートカットってところがまたいいんですね(言い過ぎかしらw)。韓国映画ですがほぼ全編英語で場所は中国。二人も英語で会話。ちょっとした違和感がありましたがいざ観終わると違和感なかった(結局ね)。中国出張時に偶然出会ったドンハとメイ。すぐさまドンハはメイに積極的になっていきます。大学時代から好きだったのだと。しかしメイはあまり乗ってこない。なんというか微妙な位置取りを続ける。しかしそれにはわけがあった・・・というような物語。若干のイライラ感がところどころにあり、すっきり感が出てこない物語ですが、そこは韓国映画!シメはさすがです。

---------------
★★★★(カオの可愛さに★1つプラスしました)/10月18日WOWOW鑑賞/95本目
[PR]

by gogun1106 | 2009-10-22 17:42 | 映画(か行)
2009年 10月 22日

キラレ×キラレ

『キラレ×キラレ』 森博嗣

「推理意味ないんじゃないのか・・・これは」

---------------

森博嗣のXシリーズ第2作。今回は地下鉄が舞台。そして今回は小川さん活躍のちょっとしたハードボイルド。こんな小川さんと一緒に働きたいと思った僕でしたw。あの真鍋のポジションがちょっとうやらましいな(ホントに)。しかし物語的にはなんとも納得し難いものでした。犯人が勝手に自白したようなものですよね今回。追いつめたわけでもないし。勝手に自白して勝手に暴れまわって、最後は謎の美女に助けられたようなもの。ミステリーなのかこれは・・・。

---------------
★★/09年67冊目
[PR]

by gogun1106 | 2009-10-22 16:20 | 本(ミステリー)
2009年 10月 22日

イナイ×イナイ

『イナイ×イナイ』 森博嗣

「大学生まさかの推理力!小川さんが活躍するのかと思ってたw」

---------------

森博嗣のXシリーズの第1作目。これを買った理由はカタカナのタイトルと“巨大な屋敷の地下密室”というミステリーの王道を行くようなところにひかれました(正統派なミステリー読みたかった)。森博嗣の作品は初めて読む今回評価はよくわからなかったので、何も期待せずに読みましたがこれがよかったのかなかなか面白かった!そして読みやすい!グダグダ感がまったくなく、テンポがいいので楽しめました!。はじめはホームズ役が小川さんで、ワトソン役が真鍋なのかと思ってたら違いましたねw。関係はそうでも推理自体は真鍋がメイン。ちょっと控えなメインだった。推理も断定するよりも「そう思うんですけど~」「どうなのかな~」的なのんびりした言動で良いキャラしてます。
森博嗣の他のシリーズはどうなのかな・・・。

---------------
★★★★/09年66冊目
[PR]

by gogun1106 | 2009-10-22 14:58 | 本(ミステリー)