2010年 04月 01日

いずれ絶望という名の闇

『いずれ絶望という名の闇』

「過程が気になる映画です」

---------------

『あるいは~』以降続く、この手の邦題。映画にあってるのか間違ってるのかよくわかりませんw。ジェラール・ドパルデュー主演ですが、このお方ホントこういう役似合います!酒に呑まれて堕落している刑事。実際の刑事ってわからないけど、すごく自然体な気がしました。ただ、堕落してるが強い。銃の腕前も格闘も!これがちょっとビックリ!。刑事の裏社会を描いているよくある映画だからある程度の結末は予測できるけど、そこに至るまでの過程が気になる形で描かれてて、いつの間にやら楽しんでました^^ ・・・アーシア・アルジェントが出演してるとは思わなかった。しかもジェラールの前妻役とはね~驚いた。相棒の女刑事がちょっと好きw。

---------------
★★★/4月1日レンタル鑑賞/34本目
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[PR]

by gogun1106 | 2010-04-01 20:36 | 映画(あ行)


<< 南極料理人      グッド・バッド・ウィアード/失... >>